作成者別アーカイブ: news

製品を買ってもらいたい

企業は「製品を買ってもらいたい」と望みます。さらに言うなら「高く買ってもらいたい」。そのために様々な戦略を駆使します。逆に言えば、その戦略を理解したら消費者は「安く買う」ことが可能になるはずです。さてさて、そんなに上手くいくものでしょうか。
 登場人物は、大学受験を控えた高三の兄、中学生の妹、そして経済に詳しい喫茶店のマスターです。はじめは妹の夏休みの自由研究のネタ探しだったのですが、そのうち兄も推薦入試を受けることになってその発表のためのネタ探しが加わります。
 AKBのようなオマケ商法は価格差別化(高くても買う消費者には高く売り、安くないと買わない消費者には安く売る)の洗練された商法であるとの解説がまず登場します。「転売」というのは本来は価格差別化の無効化する手段なのですが、オマケ商法の場合は「オマケ無しでも安く欲しい」人が「オマケ欲しさに正規料金で(たくさん)買った人」から転売で買うと結局企業の側は得をするのです。

  • 鳥取市 バイク屋
  • 米子市 バイク屋
  • 倉吉市 バイク屋
  • 境港市 バイク屋
  • 岩美郡岩美町 バイク屋
  • 八頭郡若桜町 バイク屋
  • 八頭郡智頭町 バイク屋
  • 八頭郡八頭町 バイク屋
  • 東伯郡三朝町 バイク屋
  • 東伯郡湯梨浜町 バイク屋
  • 東伯郡琴浦町 バイク屋
  • 東伯郡北栄町 バイク屋
  • 西伯郡日吉津村 バイク屋
  • 西伯郡大山町 バイク屋
  • 西伯郡南部町 バイク屋
  • 西伯郡伯耆町 バイク屋
  • 日野郡日南町 バイク屋
  • 日野郡日野町 バイク屋
  • 日野郡江府町 バイク屋
  • 実験結果を見つめて

    「実験で中性子が検出されない」という実験結果を見つめて「核融合が起きていない」ではなくて「核融合は起きているのだが、なんらかのメカニズムで中性子が出ていないだけ」と考えるのには、あきれてしまいます。さらに「とりあえず“偉業”を発表しておいて、“中性子が出てこないメカニズム”はあとで考察しよう」とするのですから、これはすごい。
     (懐疑的な一部を除く)マスコミは食いつきます。そこで必ず行われたのが「ポンズとフライシュマンのばかばかしいほど簡素な実験装置」と「ばかばかしいほど重装備な従来の核融合装置」の対比でした。これは「政府や権威を茶化したい向き」にはウけます。しかし「真実かどうかは二の次」と断言するマスコミ人には、私は絶句します。というか、よくこれだけあけすけにホンネをいろんな人から聞き出せたものだと、著者のインタビューの力量には感心します。科学者もけっこう露骨に他の科学者を論評していますが、日本だったらここまで様々な人のホンネ(他人の論評)が満載された本は出版しにくいのではないかなあ。
     集団的な熱狂と錯乱の中にも、冷静に追試を行う人がいました。しかしその結果がネガティブだとマスコミなどは口をきわめて罵ります。「新しい科学に異議を唱えるのか」と。この辺になると、科学ではなくてイデオロギーの世界のようです。
     さらに科学界にも“信者”が登場し、誤差を考慮しなかったり較正をしなかったり比較対照を欠いた杜撰な実験から得られたデータをもとに「擁護する意見」を発表し、それがまたマスコミをどんどん動かします。「あやしい」と思っても、(「確信がない」とか「保身のため」とか「大勢には逆らわないでおこう」と)傍観者を決め込む科学者も多くいます。しかしやがて「信者」の数は減っていき、「新聞記者しか信じない発表」が続くようになります。そして1989年は終わっていったのでした。

  • 蒲生郡日野町 バイク屋
  • 蒲生郡竜王町 バイク屋
  • 愛知郡愛荘町 バイク屋
  • 犬上郡豊郷町 バイク屋
  • 犬上郡甲良町 バイク屋
  • 犬上郡多賀町 バイク屋
  • 京都市 バイク屋
  • 福知山市 バイク屋
  • 舞鶴市 バイク屋
  • 綾部市 バイク屋
  • 宇治市 バイク屋
  • 宮津市 バイク屋
  • 亀岡市 バイク屋
  • 城陽市 バイク屋
  • 向日市 バイク屋
  • 長岡京市 バイク屋
  • 八幡市 バイク屋
  • 地球は昆虫で満ちています

     地球は昆虫で満ちています。甲虫だけで30万種、昆虫全体ではおそらく数百万種、総数は低く見積もっても10万兆。
     最初に登場するのはトビムシ、次の章はゴキブリ。ファーブルとはずいぶん違ったラインナップです。ゴキブリで笑っちゃったのは、北アフリカから渡欧したゴキブリが広がっていく過程で、ロシアではプロイセンゴキブリ・プロイセンではロシアゴキブリと呼ばれたことです。梅毒が広がっていくとき、イタリアではフランス病・フランスではイタリア病と呼ばれたことを思い出します。
     ゴキブリに続いて登場するのはトンボ。昔はヤゴとトンボは“別の生きもの”でした。トンボの飛翔筋の構造や求愛活動のユニークさなど、「トンボの世界」がいかに面白いものか、著者は熱心に語ります。さらに日本人がトンボを世界の民族の中では一番愛好していることも。
     その熱心さはコオロギやキリギリスの章でも続きます。鳴き声を昔の中国人が珍重したことも歴史から探り出し、その鳴き声に耳を傾ける心の余裕が欲しい、と述べています。そういえば西洋人は「虫の声」を脳の中では雑音として処理している、と聞いたことがありますが、本当なんでしょうか。

  • 中津川市 バイク屋
  • 美濃市 バイク屋
  • 瑞浪市 バイク屋
  • 羽島市 バイク屋
  • 恵那市 バイク屋
  • 美濃加茂市 バイク屋
  • 土岐市 バイク屋
  • 各務原市 バイク屋
  • 可児市 バイク屋
  • 山県市 バイク屋
  • 瑞穂市 バイク屋
  • 飛騨市 バイク屋
  • 本巣市 バイク屋
  • 郡上市 バイク屋
  • 下呂市 バイク屋
  • 海津市 バイク屋
  • 会員番号1はパンチョの旧友ドゥリットル

    大恐慌直前、アメリカではエア・レースが盛んになります。「空の黄金時代」の到来です。スピードだけではなくて正確性も向上します。飛行機の計器開発にもかかわっていたドゥリットルは、完全計器飛行(離陸~飛行~旋回~着陸)を成功させます。
     せっかく巨額の遺産相続をしたのにそれを贅沢三昧で食いつぶしたパンチョは、沙漠の農場を本拠地とします。すぐ隣に乾湖があり、そこが天然の飛行場として使えたのです。第二次世界大戦が始まり、ドゥリットルは軍務に復帰、ジャッキーは(官僚主義と性差別主義者の妨害を乗り越え)イギリスに爆撃機を運ぶ初の女性パイロットになります。
     この頃、やっとイェーガーが“歴史”に登場します。イギリスに派遣され、「エース」として大活躍します。パンチョの農場の“隣”ではミューロック陸軍空軍基地が大拡充されます。パンチョは最初は私的に軍人を接待していましたが、やがて農場を有料の社交場にします。
     終戦後、ミューロック基地はジェット機のテストセンターとなります。パンチョの農場は会員制の飛行宿となりますが、会員番号1はパンチョの旧友ドゥリットルに与えられました。イェーガーは高卒のハンディを乗り越えてテスト・パイロットとなりついに音速を突破し、パンチョの店の常連となります。「飛ぶ人々」にとって「良い時代」でした。

  • 小千谷市 バイク屋
  • 加茂市 バイク屋
  • 十日町市 バイク屋
  • 見附市 バイク屋
  • 村上市 バイク屋
  • 燕市 バイク屋
  • 糸魚川市 バイク屋
  • 妙高市 バイク屋
  • 五泉市 バイク屋
  • 上越市 バイク屋
  • 阿賀野市 バイク屋
  • 佐渡市 バイク屋
  • 魚沼市 バイク屋
  • 南魚沼市 バイク屋
  • 胎内市 バイク屋
  • 喉の炎症

    急激な高熱、鼻水、くしゃみ、喉の炎症、口内炎……この年のインフルエンザの最後の流行のはずですが、T市(おそらく千葉県館山市がモデル)の小児科医の黒部はイヤな予感を覚えます。海岸に散らばる何羽もの鳥の死骸を見たことも影響を与えているのかもしれません。たまたま近くに調査に来ていた疫学専門のケイトは知り合いの教授からの連絡でT市に入ります。市の総合病院には重症のインフルエンザ肺炎患者が3人運び込まれていました。皆同じ地区に居住しています。そして、黒部自身も重症肺炎に。
     ケイトは「確率密度の雲」の中をさ迷いながら“真相”を求めて漂います。「時間・場所・人」の基本を押さえて詳しく調べれば、手がかりは見つかるはず。しかしそれを妨害するのが、時間・記憶の蒸発・怠け者・縦割り行政・根拠のない楽観論・明白な私利私欲による妨害…… 人の思惑を越えて、病気は様々な姿を見せます。普通のインフルエンザ肺炎のような、あるいはSARSのような……さらに近くでは鳥インフルエンザも出現し、さらには新型インフルエンザの可能性まで出てきます。
     数日の小康期のあと、患者がどっと出始めます。感染の“爆発”です。患者の症状も“爆発”のようにどっと悪くなります。そして、動きの鈍い行政に業を煮やし、緊急対策チームも情報を“爆発”させます。

  • 羽島市
  • 安楽寺【岐阜県羽島市】
  • 占い屋【岐阜県羽島市】
  • 下呂市
  • 信貴山【岐阜県下呂市】
  • 信貴山 悩み相談室【岐阜県下呂市】
  • 加茂郡
  • 幸福殿【岐阜県加茂郡】
  • 可児市
  • 気学舎ヒューマンライフ【岐阜県可児市】
  • 占い・まねき猫【岐阜県可児市】
  • 海津市
  • 菱田易学研究所【岐阜県海津市】
  • 各務原市
  • 早野孔禪【岐阜県各務原市】
  • アトリエシャンティ【岐阜県各務原市】
  • ポラリス【岐阜県各務原市】
  • ポラリス【岐阜県各務原市】
  • 有限会社岐阜印章【岐阜県各務原市】
  • 遠藤政範【岐阜県各務原市】
  • カンブリア紀に「爆発」が起きました

    今から5億7千万年前のカンブリア紀に「爆発」が起きました。それまで存在していなかった(少なくとも化石の証拠がない)多細胞生物が、ものすごい種類、爆発的に登場したのです。しかもその姿は奇々怪々。目玉が5つあるオパピュア、幻想的な形をしたハルキゲニア、そしてあの魅力的な捕食者アノマロカリス(体長はなんと60cm!)…… 現在の地球で「節足動物」は「単枝類」「鋏角類」「甲殻類」「三葉虫類」の4大グループに分類されますが、カンブリア紀には20種類以上の節足動物の基本設計パターンが試され、その多くは絶滅したのでした。
     ヨーホー国立公園内のカナディアン・ロッキー山中で発見されたバージェス頁岩の無脊椎動物群の化石は、“カンブリア紀の爆発”について知ることができる“(大きな)窓”です。バージェス頁岩は、海底の大規模な土砂崩れによって作られたと推定されています。その時海底にいた生物はそのまま泥に閉じ込められて深海に運ばれ化石となったのです。この化石群は1909年にウォルコットによって発見されましたが、ウォルコットはすべての化石を「現生の動物」の“延長線上”に位置づけようとして分類しました。この思い込みの強さと、化石の復元の時に立体的な構造を無視して平面にこだわった態度により、彼はこの化石群の意味を徹底的に誤読しました。それを正したのは1971年にウィッティントンが発表した論文でした。ただしウィッティントンも最初は「爆発」とか「悲運多数死」という概念は持っていませんでした。ウォルコットの分類はどこか無理がある、と思ってそれを正そうとしていただけだったのです。「過去に遡るほど生物は“原始的”になる」がそれまでの「テーゼ」でした。しかしウィッティントンは「自分の信念」よりも「化石標本が語っていること」を優先することにしました。「分類が先にあって標本をそのどこかに押し込む」のではなくて「現物の特徴を正しく捉えて、それを分類するべきだ」と。そしてそのためにウィッティントンが採用したのは「化石の解剖」でした。

  • 下北郡
  • 萬谷占い神所【青森県下北郡】
  • 北田占い神所【青森県下北郡】
  • 五所川原市
  • 白龍堂神桜水【青森県五所川原市】
  • 弘前市
  • 占い専科21【青森県弘前市】
  • 飛呂貴【青森県弘前市】
  • 蜂谷真央運命鑑定所【青森県弘前市】
  • 高島易断【青森県弘前市】
  • 黒石市
  • 風水鑑21【青森県黒石市】
  • 青森市
  • 運命鑑定メビウス【青森県青森市】
  • 占いの部屋有姫【青森県青森市】
  • タロットハウス占いの店【青森県青森市】
  • 四柱推命バイオリズム研究所【青森県青森市】
  • ナマダー(NAMADAR)【青森県青森市】
  • 儒賢道人【青森県青森市】
  • 今村京子【青森県青森市】
  • 占い屋珠羅【青森県青森市】
  • 占いスペース・M【青森県青森市】
  • 鹿内美津子【青森県青森市】
  • 慈光密庵【青森県青森市】
  • 東洋運命学舎【青森県青森市】
  • 火炎瓶で簡単に燃え上がった

    あまりに遠く、さらに「粛清」によって赤軍は弱体化していたため(将校の1/4~1/3が殺されました)、中国共産党に国民党と協力して対日戦線を組むことを指令します。
     37年には黒竜江(アムール川)で日ソの武力紛争が起きます。川の中州の領有権を巡っての衝突でした。翌年は朝鮮とソ連の国境で張鼓峰事件(ハサン湖の会戦)。こちらも双方が主張する「国境線」の違いからの武力衝突です。朝鮮第十九師団は大きな損害を受け、中国での武漢作戦も戦力の集中運用ができなくなって決定的な遅滞を招きます。著者は、日本陸軍(特に関東軍)のプライドが傷ついたことも大きかったと見ています。
     そして「ノモンハン事件(ソ連・モンゴルでは「ハルハ河の会戦」)」。ここでも「(満州国とモンゴルの)国境線」に対する双方の主張の食い違いが「原因」となっています。宣戦布告こそありませんでしたが、4ヶ月に渡る戦いで3~4万人の死傷者が出た「戦争」でした。
     1939年5月にまず小規模な小競り合いが起きます。そして事態はどんどん拡大していきました。関東軍からは第二三師団が派遣されました。地形は戦車戦向けの平地。しかし師団には対戦車兵器がほとんどありませんでした。ポーランドの危機を西に抱えたソ連は、ノモンハンまでは兵站線が長すぎるし空軍のパイロットの練度が低いという弱点を持っていました。
     ソ連はジューコフを司令官とした第一軍集団を援軍として送り込みます。6月にモンゴル内のソ連空軍基地に関東軍は空襲をかけますが、これは紛争拡大を嫌う参謀本部といけいけどんどんの関東軍との間の「対立」感情を高めました。そして7月。日本が主張する国境線のハルハ河を関東軍が渡河、日本の歩兵および砲兵隊とソ連の戦車隊との戦いが始まります。ここで対戦車兵器として意外な武器が登場します。日本側が使ったのは火炎瓶。ソ連戦車はガソリンエンジンで防御が甘く火炎瓶で簡単に燃え上がったのです。ソ連が使ったのは日本製のピアノ線。コイル状に巻いて地面に設置されているところを日本戦車や装甲車が通過するとピアノ線が車輪やギアに巻き付いて動きを止めたのです。

  • 横浜市港北区
  • 星の小部屋【神奈川県横浜市港北区】
  • 榊そのタロット相談室【神奈川県横浜市港北区】
  • 愛明館【神奈川県横浜市港北区】
  • ONE’S・SPIRIT【神奈川県横浜市港北区】
  • 株式会社LuckyMeets【神奈川県横浜市港北区】
  • 横浜市神奈川区
  • 魔法のランプ【神奈川県横浜市神奈川区】
  • キロ・ヤスキ【神奈川県横浜市神奈川区】
  • 株式会社フレンダム【神奈川県横浜市神奈川区】
  • 株式会社たけした事務所【神奈川県横浜市神奈川区】
  • 神島剣二郎心霊浄霊ルーム【神奈川県横浜市神奈川区】
  • 横浜市西区
  • はんこ屋さんスクウェア横浜戸部店【神奈川県横浜市西区】
  • 蒼竜院【神奈川県横浜市西区】
  • 代官山占いセレスの館横浜ランドマーク店【神奈川県横浜市西区】
  • 株式会社れい【神奈川県横浜市西区】
  • 有限会社コウリョウ【神奈川県横浜市西区】
  • 株式会社開運館E&E【神奈川県横浜市西区】
  • はんこ屋さんスクウェア横浜戸部店【神奈川県横浜市西区】
  • 「見えないもの」に人は興味を持つ

    西洋において「魔女」は、魔女狩りが終わるとともにその存在を(公式には)消しました。しかし「魔女」が可視化されたのはそれよりもあと、19世紀末だった、と著者は唱えます。近代は「視覚化の時代」です。しかしあらゆるものが視覚化されると「見えないもの」に人は興味を持つようになります。さらに19世紀は合理主義の世紀でしたが、だからこそ「ロマン」に人は走るようになりました。
     著者が取り上げるのは「ゴシック文学」です。たとえば「フランケンシュタイン」や「嵐が丘」。そして19世紀末に、「ファム・ファタル」「ベル・ダーム・サン・メルシ」「キマイラ」といった“魔女”が図像として集結します。人々に「視覚情報」として「魔女はこんなもの」というイメージ像が与えられたのです。
     そして「新しい魔女」が現実に登場します。フェミニズム運動の女性闘士たちです。彼女らは「反社会的行動」をする点で「魔女」でした。20世紀にフェミニズムは盛衰や質の変容を示します。それと連動するように「新しい魔女研究」も生まれました。さらに「ウーマン・リブ」運動により、「魔女」の行動は激化します。また、20世紀後半には、宗教的な「新魔女運動」が起きました。実はイギリスでは法律で魔法が禁止されていたのですが(「アンチ・ウィッチクラフト法」)それが1951年に廃止されたことが影響しているようです。

  • 福島市 バイク屋
  • 会津若松市 バイク屋
  • 郡山市 バイク屋
  • いわき市 バイク屋
  • 白河市 バイク屋
  • 須賀川市 バイク屋
  • 喜多方市 バイク屋
  • 相馬市 バイク屋
  • 二本松市 バイク屋
  • 田村市 バイク屋
  • 南相馬市 バイク屋
  • 伊達市 バイク屋
  • 本宮市 バイク屋
  • 「数字」がぎっしりと並んでいる

    ひたすら国名と「数字」がぎっしりと並んでいる本です。単純に「2014年で子供にとって良い国と悪い国」を比較して見ることもできますが、表10「前進の速度」では、1970年からの変化をざっと見ることができます。すると、現在「5歳未満児死亡率」で順位が「1位」のシエラレオネでも、死亡率(千人当たりの死亡数)が1970年の「329」から2012年には「182」にまで改善していることがわかります。ちなみに日本は「18」→「3」です。ただ、かつての日本でも子供がばたばた死んでいた時代があったのですから(昭和の初め頃でも、日本では産まれて1年以内に死亡するのは10人に一人以上でした)、ため息をつきながらでも改善の努力を続けた方が良いでしょう。
     「はしかによる死亡」は、2000年には48万2000人でしたが12年には8万6000人に減少しました。ちなみにはしかの予防接種率は、1980年には16%だったのが2012年には84%になっているそうです。
     HIV、教育、清潔な飲料水、妊産婦死亡率、児童労働……様々な指標が並んでいます。数字自体は何も語りません。それがもし何かを語るのだとしたら、それは「聞く耳を持った人」に対してだけでしょう。

  • 檜山郡上ノ国町 バイク屋
  • 檜山郡厚沢部町 バイク屋
  • 爾志郡乙部町 バイク屋
  • 奥尻郡奥尻町 バイク屋
  • 瀬棚郡今金町 バイク屋
  • 久遠郡せたな町 バイク屋
  • 島牧郡島牧村 バイク屋
  • 寿都郡寿都町 バイク屋
  • 寿都郡黒松内町 バイク屋
  • 磯谷郡蘭越町 バイク屋
  • 虻田郡ニセコ町 バイク屋
  • 虻田郡真狩村 バイク屋
  • 虻田郡留寿都村 バイク屋
  • 虻田郡喜茂別町 バイク屋
  • 虻田郡京極町 バイク屋
  • 私はほっとしました

    SFには「エイリアンによる地球侵略」というおなじみのテーマがあります。ところが本書ではそれが「エイリアンの幽霊による地球侵略」になっています。たしかに上巻ですでに「空飛ぶ円盤の乗員は全員死んでいる」と決められていましたっけ。なかなか新機軸です。
     そういえば上巻では、ボビの愛犬ピーターが露骨な伏線として不可解な消失をしましたが、下巻で奇怪な姿となって再登場します。ああ、このシーンは読んでいて背筋がぞわぞわします。
     そして、250万年閉まったままだった円盤のハッチが開きます。いや、普通はわくわくどきどきするシーンのはずですが、ここでははらはらどきどきぞわぞわです。
     そのときヘイヴンの“外側”でも町の異変に気づいた人が次々行動を始めていました。町に毒ガスが充満しているのではないか、という見当違いのような当たっているような想像をした新聞記者が、ヘイヴン突入を敢行します。しかし(おそらく誰も想像ができないであろう手法で)あえなく撃退されてしまいます。もう事態が悪化するに任せるしかないのでしょうか。しかしそこで……
     最後の数十ページは、まるでジェットコースターです。読者はほとんど思考停止状態となって、結末に向けて運ばれていくしかありません。
     それにしても本書中で、ものすごい数の歯が抜けましたが、最後に“でっかい毒牙”が抜き取られます。いやあ、頭痛の原因になっていた虫歯を無麻酔で引っこ抜かれるような、痛みを伴うカタルシスです。なんとか風呂敷も畳まれて、私はほっとしました。

  • 杉並区
  • 本家高嶋聖易断総本部【東京都杉並区】
  • 稗田・おん・まゆら事務所【東京都杉並区】
  • 命理道【東京都杉並区】
  • 吉元式線優株式会社【東京都杉並区】
  • 高嶋聖易断総本部【東京都杉並区】
  • 高嶋呑象次【東京都杉並区】
  • 本家高嶋聖易断総本部【東京都杉並区】
  • 愛と運命の電話占い・銀の月【東京都杉並区】
  • 占い蓮【東京都杉並区】
  • AtelieGodsGiftCave天恵堂【東京都杉並区】
  • 上谷登茂枝【東京都杉並区】
  • アトリエ心【東京都杉並区】
  • クリスタル【東京都杉並区】
  • 関東現代易占学研究会(一般社団法人)【東京都杉並区】
  • 天龍館【東京都杉並区】
  • アスタマニャーナ【東京都杉並区】