科学とはただ単に事象を分解しているだけ

何が本当に今ここにあるのか。突き詰めればここに本当にありそうなものは、それを考える主体しかない。実在しているものはない。何一つない。あるのは主体が作り出した表象に過ぎない。

試しに誰かに反論させてみるといい。反論できないから。実在の証明を何で行うというのだ。言葉か感覚か。どちらも確たるものでもなんでもない。一定の使用ルールを主体が承認しているだけだ。

言葉?単なる音節の塊だ。それに意味を与えているのは主体に他ならない。主体が意味を与えなければ、意味などないのだ。

大勢の前だから緊張するというのも戯言だ。人間がどれほどいようが、結局はタンパク質ではないか。

じゃあタンパク質とは何か。科学的な説明などどうでもいい。科学とはただ単に事象を分解しているだけだ。事象そのものが何であるかを示唆しない。

  • 野付郡別海町 治験 女性
  • 標津郡中標津町 治験 女性
  • 標津郡標津町 治験 女性
  • 目梨郡羅臼町 治験 女性
  • 青森市 治験 女性
  • 弘前市 治験 女性
  • 八戸市 治験 女性
  • 黒石市 治験 女性
  • 五所川原市 治験 女性
  • 十和田市 治験 女性

    要するにこの現実は何でもないのだ。元々は何でもないものに、いちいち主体が意味を与えて、その意味を摂取している。それだけの話だ。

    喜びの主役も苦しみの主役も個々の主体以外にありえない。この構造の理解がメンタルタフネスへの入り口である。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>