「見えないもの」に人は興味を持つ

西洋において「魔女」は、魔女狩りが終わるとともにその存在を(公式には)消しました。しかし「魔女」が可視化されたのはそれよりもあと、19世紀末だった、と著者は唱えます。近代は「視覚化の時代」です。しかしあらゆるものが視覚化されると「見えないもの」に人は興味を持つようになります。さらに19世紀は合理主義の世紀でしたが、だからこそ「ロマン」に人は走るようになりました。
 著者が取り上げるのは「ゴシック文学」です。たとえば「フランケンシュタイン」や「嵐が丘」。そして19世紀末に、「ファム・ファタル」「ベル・ダーム・サン・メルシ」「キマイラ」といった“魔女”が図像として集結します。人々に「視覚情報」として「魔女はこんなもの」というイメージ像が与えられたのです。
 そして「新しい魔女」が現実に登場します。フェミニズム運動の女性闘士たちです。彼女らは「反社会的行動」をする点で「魔女」でした。20世紀にフェミニズムは盛衰や質の変容を示します。それと連動するように「新しい魔女研究」も生まれました。さらに「ウーマン・リブ」運動により、「魔女」の行動は激化します。また、20世紀後半には、宗教的な「新魔女運動」が起きました。実はイギリスでは法律で魔法が禁止されていたのですが(「アンチ・ウィッチクラフト法」)それが1951年に廃止されたことが影響しているようです。

  • 福島市 バイク屋
  • 会津若松市 バイク屋
  • 郡山市 バイク屋
  • いわき市 バイク屋
  • 白河市 バイク屋
  • 須賀川市 バイク屋
  • 喜多方市 バイク屋
  • 相馬市 バイク屋
  • 二本松市 バイク屋
  • 田村市 バイク屋
  • 南相馬市 バイク屋
  • 伊達市 バイク屋
  • 本宮市 バイク屋
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>