製品を買ってもらいたい

企業は「製品を買ってもらいたい」と望みます。さらに言うなら「高く買ってもらいたい」。そのために様々な戦略を駆使します。逆に言えば、その戦略を理解したら消費者は「安く買う」ことが可能になるはずです。さてさて、そんなに上手くいくものでしょうか。
 登場人物は、大学受験を控えた高三の兄、中学生の妹、そして経済に詳しい喫茶店のマスターです。はじめは妹の夏休みの自由研究のネタ探しだったのですが、そのうち兄も推薦入試を受けることになってその発表のためのネタ探しが加わります。
 AKBのようなオマケ商法は価格差別化(高くても買う消費者には高く売り、安くないと買わない消費者には安く売る)の洗練された商法であるとの解説がまず登場します。「転売」というのは本来は価格差別化の無効化する手段なのですが、オマケ商法の場合は「オマケ無しでも安く欲しい」人が「オマケ欲しさに正規料金で(たくさん)買った人」から転売で買うと結局企業の側は得をするのです。

  • 鳥取市 バイク屋
  • 米子市 バイク屋
  • 倉吉市 バイク屋
  • 境港市 バイク屋
  • 岩美郡岩美町 バイク屋
  • 八頭郡若桜町 バイク屋
  • 八頭郡智頭町 バイク屋
  • 八頭郡八頭町 バイク屋
  • 東伯郡三朝町 バイク屋
  • 東伯郡湯梨浜町 バイク屋
  • 東伯郡琴浦町 バイク屋
  • 東伯郡北栄町 バイク屋
  • 西伯郡日吉津村 バイク屋
  • 西伯郡大山町 バイク屋
  • 西伯郡南部町 バイク屋
  • 西伯郡伯耆町 バイク屋
  • 日野郡日南町 バイク屋
  • 日野郡日野町 バイク屋
  • 日野郡江府町 バイク屋
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>