IQは遺伝する

 「セレンディピティ」は本書ではあまりに“当たり前”の存在ですから、私はスルーします。
 「科学的錯覚」は、科学が進歩するにつれて“寿命”が短くなっていきました。さらに「人為構造」という学術用語が与えられます。これは、研究室などで人為的に作られた「人工的事実」で、他のチームには再現不能なことです。その最初の例は1903年の「N線」です。1895年に発見されたX線に次いでの不思議な「線」の発見だったのですが、「火星の運河」と同様、見える人にしか見えないものでした。それでも「錯覚」はまだ罪が軽い。「科学的詐欺」には「意図」それも「悪意に基づく誤謬」がある点で不愉快です。ここで登場するのが、ニュートンやドルトンなんですから、私はちょいと驚いてしまいます。科学がイデオロギーと“結婚”すると話は更にややこしくなります。たとえば「遺伝」の研究はすぐに差別やらなんやらと容易に結合してしまうのです。シリル・バートの「IQは遺伝する」説もその一つ。この説は20世紀半ばには非常に人気がありましたが、それは「貧困層への教育予算削減」を正当化できたからでした。化石のねつ造も、東西で人気のある行為です。

  • 松山市 バイク屋
  • 今治市 バイク屋
  • 宇和島市 バイク屋
  • 八幡浜市 バイク屋
  • 新居浜市 バイク屋
  • 西条市 バイク屋
  • 大洲市 バイク屋
  • 伊予市 バイク屋
  • 四国中央市 バイク屋
  • 西予市 バイク屋
  • 東温市 バイク屋
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>