小麦ははじめは「粒」で食べられていたようです

小麦ははじめは「粒」で食べられていたようです。ちょうどポップコーンのように粒ごと煎って食べたらしい痕跡が残る土器が発見されていますし、世界のあちこちでまだこの食べ方は残されています。ただ、やはり「小麦」の食べ方の“王道”は「小麦粉」です。厳密には「小麦粉から作られた食品」。パン、パスタ、クッキー、ケーキ、シリアル……いくらでもあげることができます。そういえば以前読んだ『驚異の古代オリンピック』には「古代ギリシアには79種類のパンがあった」なんてことが書かれていましたっけ。それが全部再現できたら、とっても面白そうです。
 遺伝子に注目したら、小麦は「染色体が、7対、14対、21対」の3種類に分類できます。突然変異や人為的な選択で小麦は“進化”してきました。

  • 曽於市 バイク屋
  • 霧島市 バイク屋
  • いちき串木野市 バイク屋
  • 南さつま市 バイク屋
  • 志布志市 バイク屋
  • 奄美市 バイク屋
  • 南九州市 バイク屋
  • 伊佐市 バイク屋
  • 姶良市 バイク屋
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>